MENUclose

TOPICS

今さら聞けない!ベンチャー企業とは?

こんにちは!

オーサムエージェント営業部の北川です。

本日のTOPICSは、

ベンチャー企業とは?!

についてです。

新卒者の方も、転職をお考えの方も、是非ご覧ください!

 

 

 


 

 

 

①そもそも…ベンチャー企業って何?

 

 

ソース画像を表示

 

そもそもベンチャー企業とは、一体どんな企業なのでしょうか。

まずはそこから紐解いていきましょう。

 

 

 

ベンチャー企業とは、革新的なアイデアや技術をもとにして、

新しいサービスやビジネスを展開する企業です。

ベンチャー企業と呼ばれるための明確な基準や定義はありませんが、

一般的には、以下のような企業を指すことが多いようです。

 

・成長過程にある企業
ベンチャーキャピタル など、投資機関から資金援助を受けている企業
・ベンチャー指定を受けている

 

「Venture Business=ベンチャー事業」に、「Capital=資本」を供給することを主たる業務とする組織・会社を指す。

 

 

 


 

 

 

②ベンチャー企業に向いている人って?

 

ソース画像を表示

ベンチャー企業については以上の通りですが、

実際のところベンチャー企業に向いている人とはどのような人なのでしょうか。

 

 

・流行に敏感な人

現代の流行などの新しいものに対するアンテナを常に張っている方、その好奇心は、武器になり得ます。
今、外部環境は常に変わり続けています。
それに対して興味を持ち、可能性を見出すことができる力は非常にベンチャーという枠組みにフィットします。

 

 

・タフな人

何より重要なのはタフであるということです。
体力はもちろん、精神的にもタフであることが求められます。
ベンチャー企業は「世にないものを提供する」ことが仕事です。
そのため、仕事に既存のルールやマニュアルはありません。
逆に言えば、正解などあってないようなものです。
周りに過度に依存せず、自分の足で立ち、自分の足で歩けるタフさが重要だといえます。

 

 

・不確実なものへの耐性がある人

ベンチャーでは何が起こるかわかりません。予定調和はほぼないといってよいでしょう。
むしろ、先が見えにくいというのは、思いもよらないことが起こる可能性がある、

自分で未来をコントロールする余地があるということで、このシチュエーションを楽しめるかどうか。

先ほど挙げたタフさにも通じるものがありますが、何とかなる、

何とかするというマインドセットがとても有効になるでしょう。

 

 

・変わり続ける力がある人

勝ちパターンは長くは続きません。会社も、個人も。

だとすれば、変わり続ける力がなければ、いずれは陳腐化することになります。
外部環境に応じて、自らの内発的な動機に応じて、

変わり続けられるかどうか。これは非常に重要です。

 


 

以上、いかがでしたでしょうか。

ベンチャー企業には、流行に敏感でエネルギッシュな働きマンが勢揃いです。

私達と一緒に新しいビジネスを創りませんか?

あなたも是非、ベンチャーの世界へ!

BACK